曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

自分に嘘をつきたくない。

統合失調症だからって自分に嘘をつきたくない。

私は統合失調症になってから9年が経った。

今までは、ずっと他人からの目線を意識して、

いつも誰かの言いなりに動いていた。

争いが生まれないために、自分が折れて、

自分を押し殺して、結局、自分を生きていなかった。

自分で決断することをずっと避けていた。

 

過去に統合失調症の薬を1ヶ月やめてみたことが

あったけど、それもまた、恐怖心から、薬を再開した。

 

今回も、また自分の中で変な挑戦をして、1ヶ月が過ぎて、

また恐怖心が出てきた。また薬を再開するかなぁって思い始めた。

今回は、咳が止まらないし、眉間に少し重たい感覚がある。

ただの眼精疲労かもしれないけど、統合失調症のせいなのかも

謎だけど、薬を再開するかなと思った。

 

でも本当は薬を飲みたいわけじゃない。

どうなるか観察したい気持ちもある。

もう自分に嘘をつきたくないとも思う。

でも、今、もし倒れてしまったら?と思うと怖くて、薬を飲むことを

選択してしまう。入院して自由がなくなるのも嫌。

 

だから、今日の夜、就寝前のみの飲み薬、エビリファイを

飲もうかと思っている。

 

どこかの病院で、私を実験に使ってくれないかな?と思った。

どこかの統合失調症を研究しているところか、

よくわからないけど、薬を減らして、無くしていって、

どうなるかという、実験を医師の診断をきちんと受けながらにして

出来ないものかな?って思った。新しいことを提案しても、

大抵の病院は、古いやり方を重んじるし、データがないから、

といってやらない。今の病院でも恐らくそうだろう。

 

過去に何度も薬を飲みたくないといってみても、

それが症状の1つと思われ、薬が増えた。これじゃあ、いつまで

経っても、病気に対するデータも何も取れないと思う。

古いやり方ばかり重んじてたって、可能性なんて生まれないよなって。

 

どこかの病院で、入院なして、薬を減らして、ブログを続けて

病院通うのも続けて、どうなるかという実験をしてくれないかなぁ?

本気で最近、そんなことを思います。やってくれる人がいないから、

私が勝手に薬を飲まない選択になってしまうんだよね。

 

病院に入院しても意味ないし、この自由な生活の中でやらないと、

意味ないんだよな。だって病院の中で安全に暮らして、実験したって、

何もストレスとか起こらないし。普段の生活の中で、薬を無くして、

生きれるかを体験したい。

 

こんな願い叶うかな???難しいよな。。。

関連情報

コメントは受け付けていません。

曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

〒338-0007
埼玉県さいたま市中央区
円阿弥4丁目5番20-5号

不定休。HP上でお知らせする臨時休業日
営業はしておりますが、個人鑑定などの仕事もあるため、お電話には出られないこともあります。