曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

失敗しないとなぜ失敗したのかわからない。

完璧にしないとと思うのは失敗したくないから

このHPを公開する前に、少しでも完璧に

したいと思っていた。でも無理だよな、

それは。SEO対策も実際やらないとわからないし、

やってみないとわからないことも多い。

 

完璧にしないとと思うのはどこかで、

失敗したくないって思ってるから。

 

失敗しないと、なぜ失敗したのか、理由がわからない

失敗しないと、なぜ失敗したのか、理由がわからないし、

1つの体験だよなと思った。自分の過去に書いたコラムで

体験することが大事という記事があったのに、

失敗したくないという思いから体験することを恐れてた。

 

全ての面において、私はそうだなって思った。でも「自由」がなくなるのが怖かった。

薬を飲まないで1ヶ月過ごしてみたけど、結局、

入院するんじゃないかという恐怖に負けて、薬を飲んだ。

いいじゃん、入院になった時に考えれば。

 

でも、私にとって入院は怖かった。

 

入院生活に個人の自由は一切ない。決められたことをマニュアル通りにこなさなければ、安定したと見なされない生活。

入院になると1ヶ月くらいは出てこれないし、その間、自由はない。

パソコン、携帯、iPadは没収。好きな音楽も聴けない。そうなるのが

怖かった。今の自由を奪われたくなかった。精神科は、精神の病気だから、

電磁波が出てる電子機器は一切使用禁止になる。そうなると、仕事にも

ならないし、その間、何もできない。本当にこの病気は嫌だ。何が嫌って、

私が好きなものを全て取り上げられるからだ。絵を描く道具のiPad、

それを表現したり、ブログで宣伝したりするパソコン、携帯。今の気持ちを

表現するブログもできない。全部取り上げられる。音楽も聴けない。

それらをするのに、最低1ヶ月くらいかかる。その間、できることは、

病院の備え付けの本を読むこと(入院中毎日読んでるからもうほとんど

読破してる)、新聞、集団でみるテレビ(一個しかないし、選択は周りに

相談しないと好きなテレビは見れない)、歩くことだけ。家族への連絡は、

電話ボックスから。状態が安定したと、見なされるまで、1ヶ月はその生活。

ある意味、刑務所と同じかなと思う。楽しみはご飯くらいになる。ご飯も、

麺類は、伸びきって食べられたものではない。

 

辛いのは、自由になるものは全て没収ってことだ。携帯も1ヶ月は様子見で

与えられても、充電器は、与えてもらえない。充電器はなく、全部お金を

入れて充電する機械で携帯を使う。だから充電が持つ範囲でだから、外とも

連絡は限られる。絵を描く、鉛筆と紙ですら、3週間以上は監視みたいなの

がついて、状態を見られて、安定していると見なされるまで、自由はない。

そんな入院生活は嫌だ。鉛筆はもちろん、カッターで先を少し削ってきて

もらわないと持ち込めない。尖っているし、刺す危険性もあるから。

デッサンをするから8本くらい欲しいと言っても、5本くらいしか

もらえなかった。あと、刃物ダメだから、男性も女性も、毛を剃ることすら

できない。眉毛カットもだめ。髪の毛は、病院に来てくれる美容師さん以外

には切ることは許されない。前髪を切りたいと言っても、ダメと言われる。

病院内での美容師さんが来るのも、ほとんどこれないし。あと入浴も、

2日に1度くらい。そこも、監視がいるから、一度に2人くらいずつ入る。

とにかく、自由はない。

 

安定したと見なされる基準

まず、個室で入院が始まり、数週間で、団体の部屋に移り、そこで

トラブらないで、静かにうまく生活していて、面談の時に、普通に

していて、要望を言えるようになる。要望で「自分の携帯が欲しい」

と言えるようになったら、(・・・その間、要望を言えるように色々

伝えるが、先生の許可なしにはもらえない。)携帯はもらえるが、

充電器は、持ち込み不可。毎日、お金入れて、災害用ので充電。

それで、だいたい数週間から1ヶ月くらい。1ヶ月くらいで状態が

おかしくなければ、退院も可能。本当に監獄みたいだ。

だって自由もないし、マニュアル通り過ごしてたら、退院が早くなる。

本当におかしいと思う。

 

精神科に入院したくない。こんなのは本当に嫌だ。病状も安定している

というのも、本当に曖昧なものだったりするって思う。このシステムに

気づいてしまえば、1ヶ月くらいで退院できてしまうんだもの。おかしな話。

言いなりになれば、退院が早くなるんだよ?おかしくない?自由なこと

としてあげられるのは、病院側で備え付けた本を読むこと、新聞を読むこと、

一個しかないテレビを譲り合ってみること、最近は、飲み物が買わなくても

飲めるようになったのは、すごいと思うけど、とにかく、自由はない。

個性もない。自分の好きなものを認めてもらえない。電磁波の発するものは、

全て使ってはいけないことになる。全部の病院とは言わないけど、精神科は、

薬を飲むところだなって。あと個性を殺して、従う心でいないとはみ出もので、

薬が増えるところでもある。そんなの嫌だ。

 

自分を通したら、自分軸で生きようとすると、薬が増えるって、本当に

精神科はどうかしてると思う。個性を見てくれないなとも思う。

だから薬も病院も全部嫌だ。

 

個性を認める外国とかなら違ったのかな?

日本は、本当に個性を重んじてるような顔して、個性をはみ出し者と

するところがあると思う。生まれてからずっとはみ出てきた私には、辛い。

関連情報

コメントは受け付けていません。

曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

〒338-0007
埼玉県さいたま市中央区
円阿弥4丁目5番20-5号

不定休。HP上でお知らせする臨時休業日
営業はしておりますが、個人鑑定などの仕事もあるため、お電話には出られないこともあります。