曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

【できてない自分を棚に上げていいんだよ!】だってどうせ他人に言うことは、自分に言いたいことなんだから。

できてない自分を棚に上げていいんだよ!

 

「1階に降りていき、旦那さんと話しなさい」

 

そうだねー。でも、掃除もしたいなー。

 

「話すことで気づくことがあります」

「そしてあなたは色々試されます」

 

???

あ、我慢しないで言いなさいってことか!

 

「そうです」

 

すぐやる!!!

 

 

1階にいき、部屋が汚いのにイライラした。

物が無駄にあるのが、もともと好きじゃない。

自分の好きなもの以外のものは私には要らないもの

なんで仕舞わないんだろう?って思う。

すぐ収納ができるところがあるのに、

どうしてやらないの?って思ったから、

そのまま我慢せず、口にした。

 

だってどうせ他人に言うことは、自分に言いたいことなんだから。

 

 

自分ができていない、

やっていないことも

わかっていて、

それを棚に上げて

言っていい!

 

なんでか。

 

 

そもそも、

 

 

自分ができていないことがあるから

 

 

他人の同じ所が気になって

 

 

自分が他人に言ってることが

 

 

自分のできていないことなのなら、

 

 

言ったって、我慢したって

一緒じゃん!!!

 

と開き直った。

 

 

 

 

 

それじゃあ、

 

堂々と、自分のできていないことを

棚に上げていいんだ!!!!

 

って思ったの。

 

 

 

だって、我慢したら、その我慢した分、また

変な状況を作り出しちゃうから。

 

 

 

 

 

【実際の会話】*思い出して書いているので多少異なります。

 

私:「なんでこんなに物があるの、捨てちゃえば???」

 

旦那さん:「そのうちまとめてやるよ!」

 

私:「ってか、なんでこんなにチラシとか溜めてんの?

   いらなくない?捨てればいいじゃん。

   その都度やれば、たまらないじゃん!」

 

旦那さん:「うるさいな!今、仕事してたから、休憩したいの」

旦那さんの心の声:(お前みたいに家にいて、何してるかわからないやつに

俺の大変さなんてわからない。何もしたくないんだよ!休みぐらい、

好きなことさせてくれよ!!!) 

 

私:「私、暇なわけじゃないんだけど??私も仕事してんだよ??

休憩してるんじゃなくて、後回しにしてるだけじゃん。」

 

私:「ってかさ、なんで服とか脱ぎっぱなし、そのまま放置なの?

まぁ、私はこの部屋、ほとんど使わないから、いいけどね。

私は、そう言うの、気になるし、嫌なの!」

 

私:「あとさ、床に物を置き過ぎるの、

みてるだけで嫌なんだけど??仕舞えば??」

 

旦那さん:「・・・」

旦那さんの心の声:(うるせえな、わかったよ)

 

私:「言われてやるなら、やらなくていいよ。あなたが自分が嫌だと思って、

自分でこの状況を変えると決めて、やれば、それは、自分のためになるけど、

私に言われて、私に決められて、言いなりになって、私のせいにしても

誰のためにもならないんだよ、意味がないんだよ!

 

旦那さん:「・・・俺は、床に髪の毛や塵や埃があるのが嫌なんだよ。」

旦那さんの心の声:(うるせえな、聞きたくないよ。)

 

私:「私は、私の部屋だけ綺麗ならそれでいいし。それなら髪の毛とか

塵とか、埃があって、嫌だと思って、自分のために掃除すればいいのでは?」

 

旦那さん:「その都度、拾ってます!!!」

旦那さんの心の声:(ほんと、うるせえ。)

 

私:「思った時に思ったことをやる!

それも自分のためにやる!

それだけなんだけど。」

 

私:「誰かのためにやろうとするから、腹が立つんでしょ?

 

やりたくないなら、

他人のためにやるの、

やめれば?

 

旦那さん:「・・・」

 

 

 

 

それから回答を待って、

何も言わないから、すぐ、

私は2階に行き、

 

(これは、全部、私が後回しにして

断捨離してない(行動しなかった)、

自分への言葉だと思った。)

 

 

だから

 

 

過去に後回しにした断捨離の件で、

私は、自分に掃除して

欲しかったんだね!って思って、

自分に「すぐ掃除するからね!」

って行動した。

 

 

 

 

自分に、「ごめんね、

待っててくれてありがとう」

って思いながら。

 

 

 

 

 

だから、即、行動し、

要らない物を捨てた。

 

そして1階に置いていた、自分がこれは、

欲しいと思ったものを2階へ置いて、

すぐ、掃除機をかけた。

 

掃除も、以前は、毎日、全室やってた。

物もすぐその場で要る・要らないを判断して捨ててた。

常に綺麗にしておこう、喜んでくれると思って、していた。

でもそれは、自分のためというより、他人の目を気にしてた。

 

 

今は変わった。それをすぐやめた。

 

でも基本的に、掃除は好きだから、

自分の部屋とたまに娘の部屋だけやってる。

毎日ではなくて(義務にするのが嫌だから)

 

自分が思った時に、

自分のためだけに、やる。

 

 

 

「そうです、その通りです」

 

まだ書いてないのに、先に、謎の声の答え出てる(笑)。

 

 

この世は、結局、全部、

 

自分と

自分以外の世界

【全て(宇宙)】

でできている。

 

【全て(宇宙)の解説】

映画「海獣の子供」より感じた宇宙について

 

*宇宙は人間でもあり、神でもあり、自然界でもあり、全ては1つという概念

1. 「全て(宇宙)」は1つであり

2. 「全て(宇宙)」は常に「循環」していて、

3. 「精子」が「卵子」に出会うために

4. 「空」に「人魂(星)」が流れ、光始め、  *流星は人魂と表現されていた

5. 「子宮(母なる大地に存在する海)」に入り

6. 「受精」し、「着床」とともに「この世」へ移り

7. そこで初めて「個性」が存在し

8. 「臍の緒」を切ることで「全て(宇宙)」からの「分裂」をし、「誕生」する

9. 「死」ぬ時、「個性」は消滅し

10.「空」に「人魂(星)」として流れ、光は消えて無くなり 

11. 「全て(宇宙)」へ返りまた、再び1つになる。

 

鏡の世界に入って、自分をどれだけ愛せるか、他人は全てダミー

上記の文章にある、

6. 「受精」し、「着床」とともに「この世」へ移り

7. そこで初めて「個性」が存在

 

してから、

自分が鏡の世界に入って、

どれだけ自分を愛することができるか。

他人は全てダミー。

 

だって、

9. 「死」ぬ時、「個性」は消滅し

また1つに戻り、体験したことが

全て(宇宙)に統合されるから。

 

って気づいた。

コメントは受け付けていません。

曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

〒338-0007
埼玉県さいたま市中央区
円阿弥4丁目5番20-5号

不定休。HP上でお知らせする臨時休業日
営業はしておりますが、個人鑑定などの仕事もあるため、お電話には出られないこともあります。