曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

【繰り返すパターンを自分で気づいて癒すことは大事だよ!!!!】今起きていることは、全部、果たされなかった過去世の結果を出すためにやり直している!!!

5時に目が覚めた。

 

階段がなんか、ミシミシいってた。

なんだろう?って思った。でもそのままにした。

 

そして、私の体の子宮のあたりがグルグルっていってた。

それも無視した。

 

まだ寝ようって。

 

階段のミシミシが気になったから、起きて、

1階にいったけど何も異常なし。

???

と思った。

 

ついでにトイレに入った。

 

少しだけ「出血」した。

 

あれ?痔か?って思った。

と同時に、あ、子宮か。って思った。

 

「そうです、思った通り、子宮です。」

って言われた。それを受け取ったら、

次は、

 

くしゃみが2回でた。

くしゃみが2回出るスピリチュアルな意味

くしゃみを2回する時は、迷信では「憎まれ・嫌な噂をされる」などがあります。

くしゃみを2回するスピリチュアルな意味は、1度目で出た「嫌」という

思いの再確認が内で起こっているということです。

例えば、

くしゃみ1回「嫌」

くしゃみ2回「嫌」→「嫌じゃない?」→「やっぱり嫌だよね!」

というような、結論を出す為の確認が自分の中でなされているようです。

短い間に自問自答がされていて、「やっぱり嫌だ」と結論づけたと言えます。

 

 

「嫌」って言葉でわかった!

「子宮からのメッセージ」が受け取れていないんだ。

私が子宮からのメッセージを嫌がっているんだ。

だから子宮が「わかってくれない!!!」って

一度治ったと思った、出血が止まったと思ったのに

(またほんとにちょっと)出血したんだ。

どっちも体の症状が教えてくれた。読み直すとここに答えがあった!!!!

私が、先に書き間違えてて、答えを言ってる!!!!!

 

 

体からのメッセージ!!!子宮が私に教えてくれたこと。

コーラルは第二チャクラの色

「子宮」「生殖器」

その部分を優しくいたわり温める

生理中なら自分を甘やかせる

5分でも休んで体にありがとうと思う、

手を当てることをする

勢いを止めか、勢いを止めている

「勢いを止めている」と聞こえてきた

一見悪者と感じた

このままだと「壊れるよ」って教えてる

あなたが体と向き合っていないと言ってる

体の話を聞いて、

体の声を聞いて。

痛いのは「わかってほしい」

でも、あなたは「わかってくれない」

理由があるからだよ!って言ってる

それは検査する必要がない

検査しても出てこない

 

 

誤:勢いを止め勢いを止めている?????

                              ↑

同じじゃん!!!!

ウケる!!!!

 

上のリンクの動画を聴きに行って、適当な再生箇所をクリックしたら、

ちょうど「コーラルは・・・」という説明が始まった。

これだ。私が書いてるのに、向き合ってない!!!!

正:勢いを止めてないか、勢いを止めいる?????

 

 

無意識に、知ってた!!!

自分が勢いをまだ止めてるって。

それを、今、教えてくれた、私が私に

書き間違えてまで、

教えてくれた。

 

子宮から不正出血がある時のスピリチュアルな意味

  月経周期ではないのに、子宮から出血がある時は

「自信をひどく失っている」という意味があります

あなたは人や周りに自分を合わせることを必死に

生きてきませんでしたか?

そして、今、本当のあなたの姿を忘れてしまっているようです。

本当のあなたの姿を忘れてしまっているので、

自分自身の可能性を見い出せないでいるのでしょう。

そのために、あなた自身に自信を持つことができておらず、

無意識に否定しているようです。

このままではあなたを取り戻すことができません。

視点を変える必要があります。

あなたが達成したいと思っている目標をもう一度

明確にしてみてください。

そして目標や、夢、望みがはっきりしたら、

それらを叶えるのは、あなた一人ではないことを

思い出してください。

「人間は皆一人では生きられない」とよく言われていますよね。

私たち人間は、

一人で生きられないだけではなく、

一人で夢を叶えることもできないのです。

一人で何でもやってきたと思う人がいるのなら、

その人は真実がよく見えていない人です。

あなたが本当の自分自身を思い出せば、

願いや、望みを叶えることは何倍も簡単になります。

一人で悩み塞ぎこむことをやめて、誰か心を開ける人に

話してみるのもいいかもしれません。

 

1人になるって【決断】したんだけど、

まだ行動していない。1年後じゃないからだ。

そこでメッセージがきた。

1年後に1人になって【決断】したんだけど、

ということは、「1人じゃないんだよ!1人になるって

言ってるけど、違うのわかってるでしょ。」と思った。

これも実は知ってた。

 

「2人で」仕事するというのを、統合失調症の陽性症状の時に

わかっていた。

でも病気の時に思ったことだからって否定してた。

違った。それは、伝えてくれてたんだ。先のことを。

その時は今の旦那さんとだと思ってた。違った。

 

いつかはわからないし

誰かはわからないけど、

2人で、仕事をや

って【決断】した。

 

 

そしたら、藤野真帆さんの動画のメッセージが同時に「更新されました」って

出てきた。これは後で見。「前世リーディング・・・???」

 

全然、関係なくない??前に聞いたよ???

 

「関係あります。あなたの問いの答えがここにあります」

 

???

子宮がまだグルグル言ってる。

 

私のまだ知らなかった、前世リーディング

 

選択肢:B

 

前世の2人は運命のままに流された人生だった

男性は「自分の過去の体験から学んでいこうという姿勢で生きてきた」人

自分の人生に起きたことをなるべく忘れないようにして

過去から学んでいこうとしていた。学習能力が高い人。

未来志向ではなく、過去の経験に裏打ちされたことを大切にする人で

現実主義者。

女性は真面目で「自分の力でコツコツ頑張っていこうとする、地道なタイプ」

前世の2人の関係は、

男性も女性も前世の始まりの(若い)頃に、「現状を突破しないと!」と思った

何故かというと、この2人はなんかの事情があって、運命に翻弄された。

もしかすると「自分たちの思い通りに生きられなかった」ので

「なんとかしてこの人生を自分たちの力で変えていきたい」と思った。

2人が出会った時に思った。なんかの事情があって、

一緒にいられないという事があって自分たちが一緒にいられるように

この現状を突破しないと!と思った

女性は、男性と出会った時「運命の流れに導かれるようにして出会った」

出逢おうとして出逢った訳でなかった。「出逢ってしまった。」

それによって自分の人生を突破していかなければならないこと起きた。

男性も運命によって出逢ったんだけど、「現実面のこと」を考えた。

相手の女性と出会って、「本当にこの人と一緒にいられるのかな」と思い

一緒にいるなら「この現実を変えてなければならない」と強く思った。

やがて2人は、

女性の方がどちらかというと「ポジティブだった、自分の力でコツコツ

と人生を変えていくタイプ」女性の方が「アイディアを出して、自分たちが一緒に

いられるように頑張ろうよ、一緒にいられるよ、(大丈夫だよ)」と前向きな言葉を

男性に言っていた。それを男性は受け取ってきた。

最終的に男性は、女性がポジティブで、人生を切り開いて、地道でコツコツ

頑張るから女性のことを最終的に「魅力的な人だな」と思った。

女性は、「相手の男性に尽くすようにして人生を終えた」

最終的にお互いの気持ちは「慈悲の気持ちであふれていた」

最終的に女性の方がポジティブで、しかも「男性に尽くすような感じだった」ので

男性は女性に「本当に素敵な人だと思って一生を終えた」

2人の間にあった気持ちは最終的に「慈悲の気持ち」で、

「相手のありのままを受けよう」とすごい優しい気持ちで一生が終わった

どちらかというと前世の男性の方が後ろ向きな感じがする

「運命に翻弄される」、「運命をそのまま受け取る」けど

「自分で人生を切り開く気持ちはなくて」、いつも思うことは、

「あの頃は良かった」という過去を振り返る感じで、

自分で人生を切り開いていく感じはない。

女性の方が割と「ポジティブで自分で人生を切り開いていく事が出来るよ!」

といきてるので「ポジティブな人のいいところ」を思い知って男性の人生は終わった。

女性は、割と男性が「後ろ向きな感じ」がするのでそんな人に奉仕をしていた。

「一生懸命励ましたり、相手のためにコツコツやるという事で、人に奉仕するという

気持ちや、相手を受け入れるという気持ちを身につけて」人生が終わった。

今回の人生のテーマ

前世で「学んだことの結果が出るのが今回の人生だ」よと言ってる

今回の人生のテーマは「守る」

前回の人生は、女性の方が男性に尽くして終わってしまった。

運命的なこともあって、仕方がなかったが、

女性の方がポジティブで、人生を切り開いていこうというタイプ

でも男性のためだけに尽くして終わってしまった。

自分の人生を自分で守る事がテーマ。

男性目線で読むと、相手に守ってもらうだけじゃなく

自分でも運命に翻弄されるだけではなく、自分の人生を守っていこう

と生まれてきている

「前回の人生で体験したことの結果」を今回の人生で受け取る

女性は「創造性を発揮しようとして、前向きなことを言ってきた前向きの

言葉の結果をこの人生で受け取れる」

男性は、「ポジティブな言葉をずっと受け取ってきたので、前向きに生きる

のは素敵だ」と思ったので、そういうことを思った記憶がそのまま

再現される。ポジティブな女性が好きだったり。

前世の2人の中で大事だったのはお互いに前向きな言葉を掛け合うのが大事だった。

運命に翻弄された2人で、「現状を突破しようとしたが、現状は変わっていない。

現実面は全く変わらなかった。」

「変わらない」人生の中でも前向きな気持ちだけは、特に女性は前向きな気持ちを

失わなかった。前向きな気持ちを持ち続け、それを奉仕で男性に尽くしていた。

男性の方も現状全く変わらないのに、女性がポジティブだから、女性が素敵だと

思っていた。

2人とも、「前向きに生きることの大切さ」を学んだ。

2人とも、「自分を守っていく」がテーマ。

 

今回の前世リーディングの内容から

恐ろしい。

過去世の話が、

今の旦那さん、今の私、

そのものだ。だから、

 

私は旦那さんに

悲しいと思いつつ、

昨日この言葉を言ってた。

 

「同じパターンを

グルグルと繰り返して、

来世でも同じことを

勝手にやれ!!!!

私は知らん!!!!」って。

 

ここでも私は、

自分の結果を出していなかった

過去世があった。

また、受け取っていない。

奉仕してるじゃん、他人に。

 

だって、そりゃーそうだよ!

 

自分のために生きなかったからね!!!!

自分のために生きたら、

こんなことにはならなかったから、

それをやり直したんだ!!!!

 

今世では、なんでこうなったかを学んでいる。

 

前向きに生きたのに、なぜ結果が出ない!?って思って

今世で、それをやりながら心を学んで、それでわかった。

 

現状を突破しようとしたって、

変わらないんだ。

自分が自分のために生きて、

初めて、現実が変わるんだ!!!

コメントは受け付けていません。

曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

〒338-0007
埼玉県さいたま市中央区
円阿弥4丁目5番20-5号

不定休。HP上でお知らせする臨時休業日
営業はしておりますが、個人鑑定などの仕事もあるため、お電話には出られないこともあります。