曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

自分が、【被】害者意識を持つから【加】害者の役割が自分の前に現れる

被害者意識と加害者の役割を持った他人

自分の中に、被害者意識を持つと、加害者が引き寄せられます。

「私はこんなに可哀想だ」って思い続けると、

悪口を言う人が現れたり、傷つけられたと感じたりすることが

多くなります。私は、ずっと、これを知らず知らずにしてきました。

最近、それがなくなり始めて気づいたんです。

 

私は、ずっと過去に沢山の加害者がいると思っていました。

違ったんです!自分が引き寄せていたんです!しかも、全部加害者のせいだと

思っていました。これも違ったんです!!!!

 

↓この記事、辛いことが多く書かれております。影響を受ける方はおやめください。

繰り返してきたパターンから気付けたこと【閲覧注意!!】〜過酷な生い立ちを綴った自己紹介〜

 

【解説】

1.まず、他人の目を気にして抑圧し、自分を押し殺す。

2.自分の中で、気づかないうちに、抑圧した怒り、

  悲しみが大きくなる

3.自分は、抑圧されてしまった「害者」と心のどこかで思ってる。

→「自分」に「害者」の意識を持たせてしまった。

  他人の目を気にして抑圧を続けるから、本人は気づかない。

4.害者の役割がどこからか、現れる

5.害者に何かされて改めて「害者なんだ」って感じることができる。

→「害者」の役割をしてくれた人が現れて初めて、

  自分は「害者」なんだと思わせてもらえた。

 

鏡の法則は、に対してしたことが、他人から返ってくるのです。

 

なので、お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、

自分が、無意識に、自分を被害者にした」から、

全然関係ない害者役を買って出てくれた他人が、

引き寄せられて、目の前に現れてくれて、害を受けて、

改めて、自分は「害者なんだ」と思わせてもらえたのです。

 

他人(引き寄せられた害者)がいたから、

自分自分にしている、本当のこと「害者扱いしているのは自分」

を気付かされたのです。

 

要は、自分が、他人の目を気にして抑圧し、

自分は「害者」なんだと思わせてもらえて、

他人から害を受けたように感じるのです。

 

本当は、自分が先に自分自身に被害者をやっていたのに加害者のせいにする自分

そして、大抵は、人はそれに気づかないから、「害者が悪い」と

害者を恨んでいるのです。役割を買って出てくれた人は、

恨まれていることが多いです。

 

害者役と害者役が絶妙のタイミングでうまく引き寄せあっているのです。

関連情報

コメントは受け付けていません。

曼荼羅アート専門店|Atelier Otoha 歴史ある曼荼羅は自然から人々が学び身近にあるものとして共に生まれてきました。円は自然界に多く有する形で曼荼羅はその身近な円で表現され宗教や国、時代を超えて伝わっています。曼荼羅アート専門店【Atelier Otoha】では、中村清美が心で感じたエネルギーを曼荼羅で表現し皆様へお届けできたらと思っております。

〒338-0007
埼玉県さいたま市中央区
円阿弥4丁目5番20-5号

不定休。HP上でお知らせする臨時休業日
営業はしておりますが、個人鑑定などの仕事もあるため、お電話には出られないこともあります。